実務経験1年未満でもフリーランスのWebマーケターとして稼いでいけるのか?

 

こんにちは。さのっちです。
今回は「実務経験1年未満でもフリーランスのWebマーケターとして稼げるのか?」
について話したいと思います。

フリーランスのWebマーケターになりたいという方には、
「Webマーケティング会社で会社員やっているけど、もうやめたい」
「会社員嫌だから、フリーランスとして自由に働きたい」
「実務経験があまりなくてもフリーランスとして働けるのか不安」
と考えている方も多いのでないでしょうか。

僕さのっちは、Webマーケティングの実務経験1年未満でフリーランスWebマーケターになっております。会社員が合わなかったので、自由に働けるWebマーケターになっちゃいました笑

僕の実際の体験談を基に

・実務経験1年未満でもやっていけるのか?
・実務経験1年未満からフリーランスWebマーケターになった場合の収入はどれくらいなのか?
・実務経験1年未満からフリーランスWebマーケターになる方法は?

などについて話していきますね。

実務経験が1年未満でもフリーランスWebマーケターになれるのか?

結論、なれます。実際になった人がここにいます笑
僕自身、Webマーケティング会社に入って1年未満で退職して、フリーランスのWebマーケターになっております。

なぜ実務経験1年未満でもフリーランスWebマーケターになれるのか?

それは、たとえ実務経験1年未満であっても、多くの会社ではWebマーケターの人材を求めているからです。元々オンラインでの商品販売は進んでいたのですが、コロナの影響で、さらにデジタルシフトは加速しております。

Webマーケターは、オンラインで商品・サービスを販売する仕組みを構築する人なので、まさに今多くの会社がデジタルシフトをしていきたい時に必要としている人材です。

願わくは、実務経験豊富な人の方が欲しいと考えるのは、当然なのですが、実務経験1年未満でも、Webマーケティングの何かができれば、企業としてプラスになるので欲しいと考えている所が多いです。

また企業の担当者は、採用する時、実務経験も見ますが、実績も同じぐらい確認します。
たとえ、実務経験が短かったとしても、何かしらの実績をあげていたら、採用される確率が高まります。

そうでないと、私は今Webマーケターとして働いていないでしょう笑

実務経験が1年未満のフリーランスWebマーケターはどれくらい稼げるのか?

どれくらい稼げるのかは人にもよるし、働き方にもよります。

実務経験1年未満の場合の一般的なフリーランスのWebマーケターの時給は1500円~2500円の間になることが多いです。

1日8時間、週5日で働いた場合、

時給1500円の場合:24万円(税抜)
時給2000円の場合:32万円(税抜)
時給2500円の場合:40万円(税抜)

ぐらいになるでしょう。

これは、あくまでも企業と業務委託で働いた場合です。

もし、自分のスキルに自信があり、個人で直接企業に自分の商品を販売できる場合は、実務経験1年未満だったとしても、

50万~100万

を稼ぐことは可能です。

実務経験が1年未満でフリーランスWebマーケターになるメリット

僕が考えるフリーランスWebマーケターになるメリットは次の通りです。

①収入が増える可能性が高い
②好きな場所で働ける
③自由な時間で働ける

それぞれ詳しくみていきましょう。

①収入が増える可能性が高い

フリーランスのなることで、収入が増える可能性は高いです。
理由は、会社員だと社会保険、厚生年金、福利厚生など会社が支払うコストは色々あるのですが、フリーランスだと、会社が支払うのは基本的に労働賃金のみだからです。

会社が社会保険や厚生年金などを負担しなくてよいので、少し多めに労働賃金を支払っても、会社員を雇うよりは安いのです。

もし、未経験から会社員としてWebマーケターになった場合、1年目は年収350万~400万が多いかと思います。私自身、中途でWebマーケティング会社に入った時に年収は、約400万でした。

もし時給2500円でフリーランスになることができれば、年収480万円ぐらいは狙えるので、会社員よりは収入が増える可能性が高いです。

また実務経験を積んでいけば、時給upの交渉や、高時給の案件に挑戦することができるので、フリーランスは比較的収入を上げやすいです。実際、僕は開始2カ月ぐらいで時給を1000円upさせることができております。

②好きな場所で働ける

フリーランスのWebマーケターは、好きな場所で働ける場合が多いです。WebマーケターはPC一つあれば仕事ができてしまう職種なので、自宅・カフェ・ホテルのラウンジ・コワーキングスペース、どこでも働けます。

実際、僕は自宅やカフェで働くことが多いです。出社はほとんどありません。最初の打ち合わせを会社で行ったことがありましたが、その後は一度も出社しておりません笑

自宅だと、自分が集中しやすい環境を自由に構築できるのが良い点です。僕は自宅では、PCとディスプレイをデュアルディスプレイとして活用しており、効率よく仕事できるようにしております。一つの画面だと、数値を見ながら、何か作業したい場合、2つの画面があると非常に便利です。

③自由な時間で働ける

フリーランスは、自分で好きなスケジュールで仕事ができます。会社員のように土日休み・平日休みだったり、9:00-18:00のような時間の縛りがないので、自分で働く時間・休む日を決めることができます。

もし1日8時間労働の場合、
・7:00-16:00
・11:00-20:00
のようなタイムスケジュールも組むことができます。

また、翌日休みたいとなった場合は、休みにして、休みの予定だった土曜日に仕事することもできます。

僕は、今のところ、
平日8:00-17:00で働き、土日休みにしております。

ただ好きなスポーツの試合があったり、旅行するときは、休みをずらしたり、働く時間を調整しています。

実務経験が1年未満でフリーランスWebマーケターになるデメリット

先程は、フリーランスのWebマーケターのメリットをお伝えしましたが、もちろんデメリットもあります。もしフリーランスのWebマーケターになりたい場合は、あらかじめデメリットも把握しておくようにしましょう。

僕が考えるフリーランスのWebマーケターのデメリットは次の通りです。

①単価が安い案件しか契約できない(実務経験が1年未満の場合)
②最初は案件が獲得しづらい
③自己管理しなければならない

それぞれみていきましょう。

①単価が安い案件しか契約できない

実務経験が1年未満だと、単価が安い案件しか契約できない場合が多いです。

フリーランスの案件は、実務経験の縛りがあるものも多く、実務経験が長いほど、案件単価が高い傾向があります。

実務経験が1年未満でも、案件を獲得できるのですが、案件単価は時給1500円~2500円と安くなってしまいます。もし実務経験が短くても、ブログで収入を得ていたり、SNSでのフォロワー数が数万人と多かったりすると、高単価案件も獲得しやすいです。

実績がなく、実務経験が1年未満の場合は、最初は案件単価が低いところからスタートするのは覚悟しておいた方がよいでしょう。

とはいえ、実務経験が1年未満でも、時給2500円~3000円からスタートしている人もおります。
時給2500円~3000円であれば、1日8時間・週5日で働けば、年収500万~550万は狙えるので、余裕で生活はできます。

もし実務経験1年未満で、フリーランスWebマーケターになった場合は、フリーランスとして実務経験を積んでから、時給交渉や単価の高い案件に挑戦していくことで、収入upをしていくのがよいと思います。

②最初は案件が獲得しづらい

実務経験1年未満だと、最初は案件獲得に躓くかもしれません。

実務経験が3年以上あれば、基本フリーランスのWebマーケターの案件獲得には困ることはありません。むしろ引っ張りだこかと思います。

しかし実務経験が1年未満だと、企業側からとして「この人は本当に私たちの会社に貢献してくれるのか?」と不安になり、断られる可能性が高まります。

またフリーランスの案件を獲得しようとしている人は、他にもいますので、実務経験が1年未満よりも、2年・3年以上の人からの申しこみがきていたら、企業は、実務経験が長い人を採用します。

したがって、実務経験が1年未満でWebマーケターの案件を獲得しようとしたら、最初は少し時間がかかることを前提に動いたほうがよいです。実務経験が1年未満でWebマーケターの案件を獲得した人達に話を聞いてみたら、平均で50社以上はエントリーしておりました。

最初の案件獲得は大変かもしれませんが、獲得できないことはないです。実際に実務経験が1年未満でも案件を獲得しております。むしろ、実務経験がほぼない人でも獲得している方もおります。

最初の案件さえ獲得できれば、獲得できる方法のコツも掴んでいますし、実務経験を積めるので、2件目以降の案件獲得は比較的簡単になります。

まずは数をこなすことを意識して、最初の案件獲得を頑張りましょう。

③自己管理しなければいけない

フリーランスになった場合は、働く時間・休む日は全て自分で決めて管理していかなければなりません。会社員の場合は、会社員としての縛りは多いのですが、強制的に働く環境が用意されていたり、休む日が決まっていたりなど、自己管理しなくても、会社のルールに従っていれば大丈夫でした。

しかし、フリーランスの場合は縛りはなく、自由な分、自分でいつ働いていつ休むかを自分で決める自己管理能力が求められるのです。

ダラダラしようと思えば、いつまでもダラダラすることはできます。ダラダラして働かないと、稼ぐことができません。

もしフリーランスとして自由に働きたいと思っているのであれば、会社員の時から、自己管理のトレーニングをしておくことをオススメします。起床時間・就寝時間・働く時間、なるべく全て自分で決めて、その通りに動くようにするのです。

自由と責任はワンセットであることは覚えておくようにしましょう。

実務経験1年未満でフリーランスWebマーケターになる方法

実務経験1年未満でフリーランスWebマーケターになる方法を紹介します。

フリーランスのWebマーケターとして働く方法は色々あるのですが、今回は2つ紹介します。

①代理店に登録して案件を獲得する
②直接営業して企業と契約する

それぞれどのようにやっていくのかお伝えいたします。

①代理店に登録して案件を獲得する

Webマーケティングの仕事案件が登録されている代理店に登録し、エントリーしていく方法です。

少し前までは、フリーランスの案件といえば、エンジニアの仕事ばかりでした。しかし今はWebマーケティングの案件も増えてきております。代理店の中でも初心者レベルの案件が多いところから、中級、上級者向けと様々です。

今回は初心者レベルのWebマーケティング案件も多く登録されている代理店を紹介します。

Workship https://goworkship.com/job

株式会社GIGが運営している、企業とフリーランスのマッチングサイトです。Webマーケターの案件も比較的多く載っております。時給は1500円~3000円の間の案件が多いです。

気になった案件に「気になる!」ボタンをクリックし、もし企業が「気にある!」ボタンをクリックしたフリーランスと契約したい、話がしたいとなった場合、マッチングが成立します。

ポイントは、プロフィールを充実させ、いかに企業にアピールできるかどうかです。たくさん「気になる!」ボタンをクリックしたフリーランスの中で選ばれるためには、プロフィールの見せ方が重要となります。まずはプロフィールを充実させ、気になった案件に「気になる!」をたくさんクリックしてみましょう。

実際、僕もWorkshipに登録して案件獲得に至っております。

shumatsuworker https://company.shuuumatu-worker.jp/

株式会社シューマツワーカーが運営している、副業案件が多数登録してあるサイトです。副業案件ということで、週10時間~などの短時間の案件が多いです。

Webマーケティング案件も載っているので、登録して、案件を確認してみてください。
また登録していると、シューマツワーカーさんからプロフィールに載っている情報と相性の良い案件を紹介されることがあります。

気になった案件などあったら、まずエントリーしてみましょう。

Joins https://joins.co.jp/

地方のWebマーケターの案件が多数登録してあるサイトです。時給は低めですが、Webマーケター初心者が実務経験を積むために、挑戦してみるのはありだと思います。

地方の会社が多いので、Webマーケティングに関して全く知識がない人も多いので、実務経験が浅くても少しでもWebマーケティングで役に立つ情報を提供するだけでも、仕事になることがあります。

応援したい地方があるのであれば、その地方に絞って案件獲得に挑戦してみるのも良いと思います。

 

他にも多数代理店がありますが、代理店についての紹介は、また別のブログで紹介したいと思います。

②直接営業して企業と契約する

代理店から案件を獲得するのではなく、直接企業と契約する方法です。

実は、Webマーケティングの実務経験が少ない場合・または実務経験がほぼない場合は、代理店経由ではなく直接営業したほうが企業と契約しやすかったりします。

理由は、代理店の場合、多数の実務経験豊富なフリーランスが登録しており、競合が多いからです。
競合が多い中で、実務経験が少ないと、強いフリーランスと比較されるとなかなか勝てずに終わるパターンが多いです。

しかし、直接営業の場合、競合が少ないので、実務経験が少なくても、案件を獲得しやすいのです。

Webマーケティングのスキルを求めている企業は、代理店に登録している所以外にも多数存在しております。特に今の時代、オンラインで商品を販売できるようにしたいと考えている企業が増えているので、Webマーケティング人材の需要は非常に多いのです。

直接営業する方法としては、まずは企業のリストアップして、そのリストに電話・またはメールで営業をかけます。

企業のリストアップは、売上が10億以上あること、自分が興味ある分野であることがポイントとなります。

売上が少なすぎると、Webマーケティングの予算を避けられないので、電話をかけたところ断られるのがオチです。また興味がある分野の方が、知識も身につけやすいし、もし面談になった場合熱意が伝わり、採用される確率が高いからです。

直接営業は、嫌かもしれないですが、実務経験が少なくても獲得できる可能性が高い、またもし直接契約できた場合は、その後の単価upの交渉もしやすいので、Webマーケター初心者にはオススメの方法です。

フリーランスになる前に実務経験はどれくらい積んだ方がよいのか?

実務経験は1年未満でもフリーランスWebマーケターとして働けるのですが、フリーランスになる前にどれくらい積んだ方がよいのでしょうか?という質問がよくあるのですが、

これには答えはないかと思います。

たしかに実務経験が長ければ、フリーランスになりたいとなった時、案件を獲得しやすいのは事実です。もしフリーランスになりたい時にすぐに案件を獲得できる状態にしたいと思うのであれば、まずはWebマーケティング会社で実務経験を積むことを考えたほうが良いです。

Webマーケティング会社に転職する場合は、Webマーケティング会社の転職に強いエージェントに登録して、エージェントのサポートを受けながら転職を進めることをお勧めします。

しかし、会社員はなるべく避けたい、もうやめたい、いるとしても1年が限界だとと考えている方もいると思います。そんな方は、実務経験が1年未満でもフリーランスWebマーケターの案件を獲得して、最初は単価が少なくても、スタートしても全然良いと思います。

たしかに実務経験が短いと、最初の収入は少ないです。しかし、フリーランスとしてWebマーケティングの実務経験を積めば、単価も上がっていきます。

実際に私の周りには、Webマーケティング会社を1年未満で辞めてフリーランスになった方、そもそもWebマーケティング会社に入らず副業からWebマーケティング案件をスタートした方、ほぼ未経験だったけどスクールで学んだ後直接営業でWebマーケティング案件を獲得した方、様々おります。

そして、3年経過した後には、月収100万に達している方も少なくないのです。

・Webマーケティング会社で実務経験を3年以上積んでからフリーランスへ
・Webマーケティング会社で実務経験を1年積んで、すぐにフリーランスへ
・ほぼ未経験だけど、Webマーケティングスクールで学んで、フリーランスへ

答えはなく、色んなパターンがあるので、自分が納得する方法を選んでください。

僕個人は、会社員が合わなかったので、「実務経験1年ぐらい積んでフリーランスへ」
という道を選びました。

実務経験1年未満でもフリーランスとして収入は上がっていっています。
僕の知り合いには、実務経験セロ未経験でもフリーランスになり、収入を得ているので、色んな道があるなぁと感じております。

フリーランスWebマーケターとして安定して稼いでいくために

フリーランスになる前の方には、こんな不安もあるかと思います。

「フリーランスになったとき、安定的に稼いでいけるのか不安」

フリーランス=不安定というイメージはありますよね。僕もありました。

しかし、僕は実際、今安定して稼いでいますし、これからも安定して稼いでいけるだろうと思っております。

理由は、Webマーケターはある程度スキルを身につけると、需要があるので、仕事がなくなるということは基本ないからです。現在、実際に色んな会社からオファーがきております。たとえ、一つの会社との契約が終わったとしても、すぐに次の会社との契約をスタートさせることもできます。

現在、コロナで大変な時期でありますが、それでもWebマーケティングの仕事の需要は非常に多くあります。むしろ、オンライン化が進んでいるので、今後ますますWebマーケターの人材は必要とされていくでしょう。

フリーランスWebマーケターは、エンジニアと同様、安定して稼ぎやすい職種です。

とはいえ、誰しもが安定して稼げるわけではありません。スキル不足・努力不足だと安定して稼ぐのは難しいです。

フリーランスWebマーケターとして安定して稼ぐためのポイントを挙げますと

・日々のWebマーケティングの仕事を本気で取り組むこと
・Webマーケティングの仕事を継続し、実務経験を積んでいくこと
・仕事以外にもWebマーケティングに関する本などを読み、スキルupの努力をすること
・なるべく契約する会社は複数にしてリスク分散をすること

などをやっていければ、安定的に稼いでいけるでしょう。

上記の内容をこなしていけば、あなたの市場価値は高まっていき、案件単価を高くなっていき、月収100万も見えてきます。

実務経験1年未満のフリーランスのWebマーケターのまとめ

実務経験1年未満のフリーランスWebマーケティングでも稼いでいくことは可能です。

他のブログの中では、フリーランスとして稼いでいくためには、会社で実務経験を3年以上やっていかないといけないと伝えている所もありますが、決して、それが絶対的な正解ではないと思います。

実務経験を長く積んでからフリーランスになる

というのは、あくまでも一つの方法・道であり、他にも

・実務経験1年未満でもフリーランスWebマーケターになる
・新卒で会社に入らず、フリーランスWebマーケターになる
・実務経験ゼロでスクールに入り、フリーランスWebマーケターになる

と色んな方法があります。

今回は、一つの道である「実務経験1年未満でもWebマーケターになれる」
ということをお伝えいたしました。

会社員が合う人は、実務経験3年以上積んでからフリーランスになるのも良いと思います。しかし世の中には、僕みたいに会社員が合わない、好きではない人種もいます。そんな人でも会社での実務経験が短くてもフリーランスWebマーケターになり、稼いでいくことはできます。

そして、会社員でも実務経験が少なくてフリーランスになっても、月収100万以上稼いでいる人も多数いるので、フリーランスになりたいと考えている方は、決して一つの道に縛られず、自分に合った方法を選んで努力してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です